1. HOME
  2. 猫の病気一覧
  3. 猫の気管支炎・肺炎・胸膜炎
犬や猫 動物用サプリメントは安心・安全の品質

猫の気管支炎・肺炎・胸膜炎とは

気管支の粘膜やその周囲の組織に炎症がおこります。その炎症が咽喉頭や鼻腔に
およんだり、細気管支(枝分かれした細くなった末端のほう)や肺に進行したりします。

肺炎は肺と気管支が炎症をおこす病気です。ウィルスや細菌・寄生虫等の感染症が進み、
肺と気管支の重い炎症を併発することが肺炎です。冬の乾燥していて寒い時や雨の
多いときは、環境的なことが原因でストレスとなって猫の免疫が低下しウィルスや細菌に
感染しやすくなります。肺炎は炎症の発生箇所や原因によって様々な症状がでます。

胸膜炎は胸膜が炎症する病気です。胸膜とは胸腔の内側をおおっている膜です。
この膜の一部または全部が炎症をおこします。

猫の気管支炎・肺炎・胸膜炎の症状
猫の気管支炎・肺炎・胸膜炎の原因
猫の気管支炎・肺炎・胸膜炎とサプリメント


猫の気管支炎・肺炎・胸膜炎の症状

気管支炎の咳が主な症状で朝方に咳き込む事が多いようです。咳の刺激によって吐き気を
伴う事もあります。症状が重くなると触られるのを嫌がり、少しの運動でもひどく咳が出る事が
あります。細菌感染がある場合は発熱し粘土状の鼻水を出すようになります。
他、胸部や喉の痛み・発熱・食欲低下・元気がなくなる・呼吸音がおかしくなる(ゼーゼー)
・呼吸困難等があげられています。

肺炎の症状は 病原や病状の進行により異なりますが、通常、発熱・咳・元気消失
・鼻汁・呼吸困難などが挙げられています。

胸膜炎は発熱・咳・呼吸が荒くなる・悪化すると痩せてきます。運動するのを嫌がり、
横になって寝ることが出来ず、いつも前足を突っ張るような 姿勢をとるようだと重症といわれます。

猫の気管支炎・肺炎の原因

気管支炎の原因はウィルス感染や細菌感染によって起こりますが、煙による刺激や異物
・アレルゲンなどの吸入・細菌やウィルスによる感染気管支の炎症性疾患です。他、アレルギー
・化学物質・首輪の閉めすぎによる圧迫・腫瘍等の原因があります。

肺炎の原因はウィルス感染で呼吸器の病気が悪化して肺炎を引き起こすこともあります。
他の呼吸器の病気と同じようにカビやほこりによるアレルギー、排気ガスや
薬品等の刺激臭を吸い込み刺激を受け炎症を起こしたり、細菌感染・ウィルス感染
・真菌感染・異物性・外傷性・先天性・腫瘍等が挙げられています。

胸膜炎は肺炎からの併発・ウィルスや細菌感染・ケガ・腫瘍があげられています。

猫の呼吸器の病気とサプリメント

猫の気管支炎・肺炎に猫のサプリメントアガペットゴールドをぜひお試しください。
気管支炎・肺炎の治療中のお薬にプラスして与えたり、何かしてあげたいと思う時に
安心して与えて頂けるサプリです。猫の体の免疫細胞は、臓器の働きを
活性化し、菌やウィルスなどから体を守る免疫系にとても役立っていますが、
各免疫細胞の血球の働きが悪くなったり過剰すぎると、猫は病気を発症します。
体内の免疫力のバランスを整えるためにお勧めしています。
液体サプリだから吸収力が違います

 ・呼吸器の病気に良い食事をとりながらサプリメントを与えたい。
 ・気管支炎・肺炎・胸膜炎の再発を予防したい。
 ・愛猫の免疫力を高めて治療薬の副作用を抑えたい。
 ・体力をつけて体質改善し症状を少しでも良くしたい。
  など、様々な理由で与えて頂いています。
  猫の気管支炎・肺炎や胸膜炎に免疫サポートサプリメント

  

猫の鼻や呼吸器でサプリメントを与えた時の経過報告
7歳 3.2kg
体調に変化がないと感じたのですが、いつもは、一度膿の鼻水が出たりすると、みるみる呼吸が
苦しそうになったりと症状が悪化するのですが、症状が出てもそれ以上に悪くなっていないので
これが効いているのかもしれません。食欲もあり以前と変わりないので続けて与えたいと思います。

14歳 4kg
今まで慢性化していたので完治する病気ではないと思っていますが、今はとても落ち着いていますし、
食欲も増えてくれたので、うまく具合が良いまま過ごせればいいんですが・・・。

15歳 3.8kg
ずいぶんと良くなりました。他の猫にうつらないように気をつけています。
息が熱かったのが普通になったと思うので熱が下がったのではないかと思います。お水を飲む量が
増えたのでおしっこの色も薄くなりはじめてやっと少し安心しているところですが、まだまだ体調の波は
あるのでしっかり介護したいと思います。

その他 サプリメント飲用実績やお声・経過報告はこちら
 
information
ペット用サプリメント
アガペットゴールドについては
お気軽にご連絡ください

ハイライフジャパン お客様係
TEL.
0120-35-4909
受付9:00〜18:00 土日祝除く
FAX.0120-35-4922

 









 

猫の気管支炎・肺炎・胸膜炎のトップへ

猫の気管支炎・肺炎・胸膜炎のトップへ