1. HOME
  2. 猫の病気一覧
  3. 猫の免疫介在性溶血性貧血
犬や猫 動物用サプリメントは安心・安全の品質

猫の免疫介在性溶血性貧血とは

ウィルスや細菌等の異物があると攻撃して排除する免疫システムが
何らかの原因で自分の組織に向けて働いてしまう事があります(自己免疫)。
免疫介在性溶血性貧血(自己免疫性貧血)は、免疫の異常動作で
自己免疫で赤血球に対する抗体ができ、赤血球が破壊される病気です。
体内で赤血球が壊れてしますことを溶血といいます。

猫の免疫介在性溶血性貧血の症状
猫の免疫介在性溶血性貧血の原因
猫の免疫介在性溶血性貧血とサプリメント


猫の免疫介在性溶血性貧血の症状

免疫介在性溶血性貧血(自己免疫性貧血)の初期症状は、食欲不振
・落ちつきがなくなる・怠惰等が挙げられ、まれに、赤色の尿や貧血
・歯ぐきが白くなる・嘔吐・下痢・黄疸を起こす事もあります。
一部は免疫介在性の血小板減少症と一緒に発生するため、
粘膜や皮下の点状出血を示すこともあります。

猫の免疫介在性溶血性貧血の原因

通常は、外界から体内に入ってきた異物に対し、それを壊して体を守ろうとする
働きがありますが、何らかの原因でこの免疫細胞が誤作動し、体の中の自分の
赤血球に対する抗体ができてそれが赤血球を破壊してしまいます。
赤血球は脾臓や肝臓で破壊されたり、あるいは血管の中を流れながら破壊され、
その結果貧血となる様です。他玉ネギを食べた時は玉ネギに含まれる
赤血球酸化障害物質も赤血球の中のヘモグロビンを酸化させ溶血性貧血を
起こします。他、甲状腺機能亢進症・糖尿病・リンパ腫などの病気が原因で
貧血がおこることもあります。

猫の免疫介在性溶血性貧血とサプリメント

猫の免疫介在性溶血性貧血に猫のサプリメントアガペットゴールドをぜひお試しください。
免疫介在性溶血性貧血の治療中のお薬にプラスして与えたり、何かしてあげたいと思う時に
安心して与えて頂けるサプリです。猫の体の免疫細胞は、臓器の働きを
活性化し、菌やウィルスなどから体を守る免疫系にとても役立っていますが、
各免疫細胞の血球の働きが悪くなったり過剰すぎると、猫は病気を発症します。
体内の免疫力のバランスを整えるためにお勧めしています。
液体サプリだから吸収力が違います

 ・貧血に良い食事をとりながらサプリメントを与えたい。
 ・貧血の再発を予防したい。
 ・愛猫の免疫力を高めて治療薬の副作用を抑えたい。
 ・体力をつけて体質改善し症状を少しでも良くしたい。
  など、様々な理由で与えて頂いています。
  猫の溶血性貧血に免疫サポートサプリメント「アガペットゴールド」

  

猫の貧血や心臓病でサプリメントを与えた時の経過報告
6歳 4.5kg
3ヶ月で血液検査が正常値になりました。食欲や元気もありますので、体調もとても良いです。

2歳 4kg
自己免疫性溶血性貧血になり、入院までしてしまいました。ステロイドで貧血は回復に
向かっているらしいのですが、実は、お正月の頃にアガペットゴールドをきらしてしまい、
飲ませることが出来ない日にちがありましたほんの3、4日飲まなくなっただけで、愛猫の血色が
悪くなり慌てて病院に駆け込みそのまま入院することになってしまいました。でも2日くらいで食欲も
出てきてすぐに退院することができ、再度アガペットを飲ませるようにしたら、今はかなり元気になりました。
現在は外に行きたがるまでになり、リードをつけて一緒に散歩しています。

14歳 5kg
呼吸が楽そうになりました。心臓の雑音も少しずつ落ち着いてきているようです。飲ませ始めてから時々
嘔吐をする時もありますが、食欲もあり比較的元気に過ごしています。毛艶が断然よくなりました。

その他 サプリメント飲用実績やお声・経過報告はこちら
 
information
ペット用サプリメント
アガペットゴールドについては
お気軽にご連絡ください

ハイライフジャパン お客様係
TEL.
0120-35-4909
受付9:00〜18:00 土日祝除く
FAX.0120-35-4922

 









 

猫の免疫介在性溶血性貧血のトップへ

猫の免疫介在性溶血性貧血のトップへ