1. HOME
  2. 猫の病気一覧
  3. 猫の心臓病
犬や猫 動物用サプリメントは安心・安全の品質

猫の心不全と心筋症とは

心不全とは、心臓自体やそれ以外の異常が原因で心臓の血液を全身に送る
機能に問題が生じた状態を言います。ある特定の病気を言うのではなく、
心臓機能に様々な異常が出ている総称を心不全と言います。だから猫が
かかっている心臓病の種類によって症状や原因も異なります。

心筋症は心臓の筋肉(心筋)に異常が起こり、血液を十分に配給できない
病気です。心筋症はその異常によって肥大型・拡張型・拘束型に
分けられます。猫には肥大型の心筋症が多いと言われています。

猫の心不全と心筋症の症状
猫の心不全と心筋症の原因
猫の心筋症の種類
猫の心不全と心筋症とサプリメント


猫の心不全と心筋症の症状

心不全は血液を全身に送る左心室と左心房の機能が弱くなると肺に水が溜まる
肺水腫を起こしやすくなり、少しの運動や散歩でも息切れし、嫌がるようになり、
咳をしたりします。血液を肺に送る右心室と右心房の機能が低下した場合は
お腹や足がむくむ・お腹や胸に水が溜まる・肝臓が腫れる・尿量が少なくなる
・下痢・便秘等の症状が起こります。猫の心不全が悪化すると安静時でも
呼吸が荒くなり、食欲も落ちてきます。

心筋症は元気がなくなる・食欲低下・肺に水が溜まり呼吸困難で咳をするなどがあります。
心筋症になると血液が固まりやすくなる為、血栓ができます。血栓が足にできると
足が麻痺して引きずる等の症状もみられます。

猫の心不全と心筋症の原因

心不全は肺の病気・事故による出血・貧血・血液の病気等で二次的に
起こることもあります。心臓系では、心臓の弁に異常がある・心臓の周りの
血管や筋肉の異常などがあります。

心筋症はウィルス感染症・自己免疫疾患・遺伝的要因・食事の栄養性障害などがあります。

猫の心筋症の種類

肥大型心筋症
心臓の左心室の筋肉が太くなり壁が厚くなる為左心室が狭くなります。
よって心臓の鼓動で左心室が広がらなければいけない時にあまり広がらなくなります。
その為左心室に血液をためておく事ができず、1回の鼓動で全身に送り出す
血液の量が減ります。6〜10才位の猫や若い猫にこの型は見られ、他の型よりも
血栓ができやすい様で、吐き気等があるようです。

拡張型心筋症
心臓の筋肉が伸びて左心房と左心室の壁が薄くなって、これらの部屋が大きくなります。
筋肉の力が弱くなる為に心臓の収縮機能が低下し、血液を押し出す力が弱くなります。
中年以降の猫に多い型で、体温低下や脱水症状がおこることもあるようです。

拘束型心筋症
心臓内部をおおう線維質の膜が厚くなり鼓動時も左心室が広がらなくなります。
高齢の猫におおい心筋症の型といわれます。

猫の心臓病とサプリメント

猫の心臓病に猫のサプリメントアガペットゴールドをぜひお試しください。
心臓病の治療中のお薬にプラスして与えたり、何かしてあげたいと思う時に
安心して与えて頂けるサプリです。猫の体の免疫細胞は、臓器の働きを
活性化し、菌やウィルスなどから体を守る免疫系にとても役立っていますが、
各免疫細胞の血球の働きが悪くなったり過剰すぎると、猫は病気を発症します。
体内の免疫力のバランスを整えるためにお勧めしています。
液体サプリだから吸収力が違います

 ・心臓に良い食事をとりながらサプリメントを与えたい。
 ・心筋症の悪化を予防したい。
 ・愛猫の免疫力を高めて治療薬の副作用を抑えたい。
 ・体力をつけて体質改善し症状を少しでも良くしたい。
  など、様々な理由で与えて頂いています。
  猫の心臓病に免疫サポートサプリメント「アガペットゴールド」

  

猫の貧血や心臓病でサプリメントを与えた時の経過報告
6歳 4.5kg
3ヶ月で血液検査が正常値になりました。食欲や元気もありますので、体調もとても良いです。

13歳 3.8kg
もう老猫で肝臓と心臓が悪いといわれ薬と併用して与えていますが、明らかに吐く前より元気も
よく調子いいようです。元気に階段の上り下りをしています。血を吐く前と同じ状態に戻っています。
このままもうしばらくアガペットゴールドを続けたいと思います。よろしくお願いいたします。
年なので数値が完全によくなりませんが、悪くなっていないのでこのまま過ごしてくれたらと思います。
これからも健康維持に続けてみようと思います。

14歳 5kg
呼吸が楽そうになりました。心臓の雑音も少しずつ落ち着いてきているようです。飲ませ始めてから時々
嘔吐をする時もありますが、食欲もあり比較的元気に過ごしています。毛艶が断然よくなりました。

その他 サプリメント飲用実績やお声・経過報告はこちら
 
information
ペット用サプリメント
アガペットゴールドについては
お気軽にご連絡ください

ハイライフジャパン お客様係
TEL.
0120-35-4909
受付9:00〜18:00 土日祝除く
FAX.0120-35-4922

 









 


※1免疫介在性溶血性貧血
猫の心臓病のトップへ

猫の心臓病のトップへ