1. HOME
  2. 猫の病気一覧
  3. 猫の猫伝染性腹膜炎 FIP
犬や猫 動物用サプリメントは安心・安全の品質

猫の猫伝染性腹膜炎 FIPとは

猫伝染性腹膜炎は猫コロナウィルスが原因で、免疫の低い子猫や6ヶ月〜3歳位の
猫に多く見られるようです。性別や品種によってかかりやすいという事は無いようです。
感染は発病した猫から排泄された唾液・鼻水・糞便・尿に直接に触れた、
または汚染された器物によって間接 的に鼻や口から経口感染します。
猫腸コロナウイルス自体は一般的に使われている消毒薬で死滅する程度で、
健康な猫にはほとんど悪影響は与えません。発症しやすいのはストレスの多い
生育環境にあったり、猫白血病ウイルス感染症(FeLV)、猫免疫不全ウイルス
感染症(FIV・猫エイズ)に感染して免疫系のバランスが崩れた猫に発症しやすい。
その他にも免疫力の弱い仔猫や高齢猫も症例があり、持続感染している猫でも
発病する猫は数%以下と言われますが、発病するととても危険な病気です。
猫コロナウィルスには腸炎のみをおこすのもあります。

猫の猫伝染性腹膜炎 FIPの症状
猫の猫伝染性腹膜炎 FIPの原因
猫の猫伝染性腹膜炎 FIPとサプリメント


猫の猫伝染性腹膜炎 FIPの症状

猫伝染性腹膜炎を発症したほとんどの猫は滲出方(しんしゅつがた)です。
肝障害が強い場合は強い黄疸を起こしたり、嘔吐や下痢を繰り返すことがあります。
そのうちに腹水がたまりはじめます。感染数週間から数ヶ月に元気消失・食欲不振
・発熱・呼吸困難・貧血・脱水・黄疸・下痢などの症状が猫に見られます。腹水または
胸水のみが貯留する場合と、両者が貯留する例があるようです。普通は腹痛や胸痛は
あまり無く、病変は肝臓・腎臓・リンパ節・肺などの猫の全身の臓器に形成されます。
非滲出型では発病までの経過は滲出型とほぼ同じですが、おなかの中にリンパ腫の
ような大きなしこりができることがあります。中枢神経や目に病変があらわれる頻度が
高いようです。脳・脊髄では病変部位によって様々な神経症状が出ます。
眼球の震え、けいれんを起こしたり、脳神経および末梢神経障害、知覚過敏、
頭が前部に傾く、いつもと違う行動をとるようになるなどが見られます。
目が侵された場合には前眼球炎をおこし失明することもあるようです。

猫の猫伝染性腹膜炎 FIPの原因

猫コロナウィルスに感染することが原因です。FIPウイルスが病気を引き起こしFIPウイルスは
猫腸コロナウイルスが猫の体内で突然変異したものです。猫腸コロナウイルスは猫の口から
体内に入り、便とともに体外に出され、他の猫に感染する経口感染で広がるウイルスです。

猫の猫伝染性腹膜炎 FIPとサプリメント

猫の猫伝染性腹膜炎 FIPに猫のサプリメントアガペットゴールドをぜひお試しください。
猫伝染性腹膜炎 FIPの治療中のお薬にプラスして与えたり、何かしてあげたいと思う時に
安心して与えて頂けるサプリです。猫の体の免疫細胞は、臓器の働きを
活性化し、菌やウィルスなどから体を守る免疫系にとても役立っていますが、
各免疫細胞の血球の働きが悪くなったり過剰すぎると、猫は病気を発症します。
体内の免疫力のバランスを整えるためにお勧めしています。
液体サプリだから吸収力が違います

 ・猫伝染性腹膜炎 FIPに良い食事をとりサプリメントを与えたい。
 ・猫伝染性腹膜炎 FIPの予防をしたい。
 ・愛猫の免疫力を高めて治療薬の副作用を抑えたい。
 ・体力をつけて体質改善し症状を少しでも良くしたい。
  など、様々な理由で与えて頂いています。
  猫伝染性腹膜炎に免疫サポートサプリメント「アガペットゴールド」

  

猫の伝染性腹膜炎・FIPでサプリメントを与えた時の経過報告
4歳 3s
病院ではFIP/猫伝染性腹膜炎の疑い(重病)と診断されておりますが、独断では、症状から
(鼻汁や呼吸器)肺炎と思って頑張っています。レントゲンの上では少し肺は改善されています。
スポイトで飲ませています。あの手この手と・・・スポイトで飲むのがやっと上手になりました。
今回3本目を与えていますがすごく調子が良いです。
始めは飲ませられなくて一時止めている時期もありましたが無理にでも与えてみたら
今では飲めるようになって良くなりました。お薬も減らしている状態です。
大学病院などで診てもらってないので確かではないですが肺炎だったかもしれないのですが、
肺がしろかったのが90%近くキレイになった。

2歳 3.3kg
伝染性腹膜炎の子に与えています。与えてから元気が出てきました。
免疫力を良い状態で維持できるように少量ずつでも健康維持に与えたいと思います。

その他 サプリメント飲用実績やお声・経過報告はこちら
 
information
ペット用サプリメント
アガペットゴールドについては
お気軽にご連絡ください

ハイライフジャパン お客様係
TEL.
0120-35-4909
受付9:00〜18:00 土日祝除く
FAX.0120-35-4922

 









 


※1猫風邪FVR
※2猫免疫不全ウィルス感染症FIV
※3猫汎白血球減少症FPV

猫の猫伝染性腹膜炎 FIPのトップへ

猫の猫伝染性腹膜炎 FIPのトップへ