1. HOME
  2. 猫の病気一覧
  3. 猫のクッシング症候群(副腎皮質機能亢進症)
犬や猫 動物用サプリメントは安心・安全の品質

猫のクッシング症候群とは

副腎皮質機能亢進症は、別名クッシング症候群と言われます。
猫は犬より少ないホルモン系の病気です。糖の代謝を助ける副腎皮質から
分泌されるホルモンの慢性的な分泌過剰状態から発症する症候を言います。

猫のクッシング症候群の症状
猫のクッシング症候群の原因
猫のクッシング症候群とサプリメント


猫のクッシング症候群の症状

元気がなくなる・水をたくさん飲む為尿量が増える・ホルモン異常により
肥満・毛が乾燥して脱毛する(左右対称の脱毛)・皮膚の色素沈着
・皮脂が脂っぽくなる脂漏・筋力の低下・腹部の膨張・睾丸の萎縮などが見られます。
又糖尿病を併発することも多い様です。

猫のクッシング症候群の原因

副腎皮質から分泌されるホルモンの過剰分泌によって起こります。
癌(がん)やアレルギーの治療時にステロイド薬(副腎皮質ホルモン)を
投与した場合や、副腎腫瘍・脳下垂体の腫瘍が原因となる場合もある様です。

猫のクッシング症候群とサプリメント

猫のクッシング症候群に猫のサプリメントアガペットゴールドをぜひお試しください。
クッシング症候群の治療中のお薬にプラスして与えたり、何かしてあげたいと思う時に
安心して与えて頂けるサプリです。猫の体の免疫細胞は、臓器の働きを
活性化し、免疫系にとても役立っていますが、各免疫細胞の血球の働きが
悪くなったり過剰すぎると、猫は病気を発症します。体内の免疫力のバランスを
整えるためにお勧めしています。
液体サプリだから吸収力が違います

 ・クッシング症候群に良い食事をとりながらサプリメントを与えたい。
 ・クッシング症候群の悪化を予防して余命をのばしたい。
 ・愛猫の免疫力を高めて治療薬の副作用を抑えたい。
 ・体力をつけて末期の症状を少しでも良くしたい。
  など、様々な理由で与えて頂いています。
  猫のクッシング症候群に免疫サポートサプリ「アガペットゴールド」

  

猫のクッシング症候群・副腎・甲状腺機能障害でサプリメントを与えた時の経過報告
10歳 3kg
猫には珍しいクッシング症候群です。糖尿病を併発し、今は1日1回0.5単位のインシュリン
注射とクッシングのお薬(トリロスタン)を飲んでます。猫に負担がかかるのでMRIなどは
取ってないのですが、脳腫瘍か副腎の腫瘍が原因では?と言われてます。最後まで
快適に過ごせるようにできることはしておきたいです。
その後、1本目を使ってみたところインシュリンが必要ないくらいの数値になりました。
このまま健康維持のため使っていきたいです。

12歳 4kg
異常な食欲があったかと思うと全く食べないといったムラがあったのですがここ数日は
一定の量を食べるようになってきました。自分であっちの部屋へ行き、こっちへ行きと
今までより活発に動くようになったと思います。お水の量が多いのはこの暑さのせいもあると
思うので、涼しくなったらもっと良くなっているのではないかと期待しています。

その他 サプリメント飲用実績やお声・経過報告はこちら
 
information
ペット用サプリメント
アガペットゴールドについては
お気軽にご連絡ください

ハイライフジャパン お客様係
TEL.
0120-35-4909
受付9:00〜18:00 土日祝除く
FAX.0120-35-4922

 









 

猫のクッシング症候群(副腎皮質機能亢進症)のトップへ

猫のクッシング症候群(副腎皮質機能亢進症)のトップへ