1. HOME
  2. 猫の病気一覧
  3. ガン 猫のリンパ腫
犬や猫 動物用サプリメントは安心・安全の品質

猫のリンパ腫とは

猫の腫瘍の中で多いのが、血液とリンパ系の腫瘍と言われます。
猫リンパ腫の原因として猫白血病ウィルスの感染が多い様です。
リンパ組織は顎の下・脇の下・股の付け根・胸腔・腹腔など体の至る所に存在します。
悪性リンパ腫やリンパ肉腫と呼ばれ、リンパ節・胸腺・消化器・皮膚などにある
リンパ組織から発生する悪性腫瘍です。本来生体には外部のウイルスや細菌などの
「敵=異物」から体を守る重要な免疫の役割が白血球の一種(リンパ球)です。
リンパ器官にはリンパ節(腺)などのリンパ器管と脾臓や肝臓、腸管などにふくまれる
リンパ組織があります。カゼをひくと、リンパ節が腫れるのは、リンパ球が体内に侵入した
カゼのウイルスと闘い抵抗しているからです。その重要なリンパ球の遺伝子が何らかの
要因で傷つき細胞が腫瘍化して、リンパ器官内で固まりを作って分化・増殖する病気が
リンパ腫あるいはリンパ肉腫という悪性腫瘍です。リンパ腫瘍ができる場所は様々で、
猫のリンパ腫では、胸の前縦隔(心臓前方部分)にできるものが多く、これを縦隔型リンパ腫、
または胸腺型と言います。このようにリンパ腫が発生した部位によって、
縦隔型リンパ腫・消化管型リンパ腫・多中心型リンパ腫などに分類されています。
症状も発生部位によって様々です。

猫のリンパ腫の種類
猫のリンパ腫のステージ
猫のリンパ腫とサプリメント


猫のリンパ腫の種類

多中心型リンパ腫
局所あるいは全身のリンパ節に発生する型です。体のあらゆるリンパ節が腫れ、
食欲不振・元気消失・体重減少・発熱・貧血を起します。

消化器型リンパ腫
消化管とその付属リンパ組織に発生する型で腫瘍が胃や腸の一部、限られた範囲に
発生するものや胃と腸の全体に及ぶものがあり、腸や腹腔が腫れます。食欲不振・元気消失
・体重減少・下痢・嘔吐などが見られます。猫は8歳位が平均発症年齢のようです。

縦隔型リンパ腫(じゅうかくがた)・胸腺型
猫の多くはこのリンパ腫の型です。縦隔と言う左右2つの肺の間にある部分で、
心臓・大血管・気管・気管支等が含まれています。リンパ節が腫れ、リンパ節の腫脹に
よる気道の圧迫や、胸水が貯留し肺が圧迫されることにより呼吸困難や咳が出たり、
食欲不振で体重の減少・嘔吐などが見られます。若い猫3歳位が平均発症年齢のようです。

猫のリンパ腫のステージ

<ステージ>
ステージI : 1ヶ所のリンパ節・リンパ器官に限局(骨髄を除く。骨髄のみでリンパ球が
         増殖するのは白血病に分類される)に限られる場合はステージTと分類。

ステージII : 数ヶ所のリンパ節の腫脹。扁桃腺が侵されている場合も、いない場合もある。

ステージIII : 全身のリンパ節の腫脹

ステージIV : 肝臓・脾臓にリンパ腫が波及。
         全身のリンパ節に病変を伴う場合も、伴わない場合もある。

ステージV : 血液、骨髄、その他の臓器に発現。末梢血管や骨髄に腫瘍細胞が出現、
          リンパ腫がリンパ器官以外の臓器に波及

<サブステージ>
各ステージは更に臨床的サブステージa(臨床症状なし)またはb(臨床症状あり)に分けられる。
臨床症状とは、元気消失、食欲不振、嘔吐、下痢などの目に見える様々な症状のこと

サブステージa : 臨床兆候なし(元気・食欲があり、下痢・嘔吐の症状がない)

サブステージb : 臨床兆候あり(一般的にステージI〜IIIの状態である場合、いつもの調子と
            変わらず、元気や食欲がある場合が多いです。ステージが進行するほど、
            リンパ腫は予後が悪くなり、またサブステージaからサブステージbに移行すると
            予後が悪くなる事が多い様です。

猫のリンパ腫とサプリメント

猫のリンパ腫に猫のサプリメントアガペットゴールドをぜひお試しください。
リンパ腫の治療中のお薬にプラスして与えたり、何かしてあげたいと思う時に
安心して与えて頂けるサプリです。体の免疫細胞は、ガン細胞を無害化したり、
猫の体の免疫系にとても役立っていますが、各免疫細胞の血球の働きが
悪くなったり過剰すぎると、猫は病気を発症します。体内の免疫力のバランスを
整えるためにお勧めしています。
液体サプリだから吸収力が違います

 ・リンパ腫に良い食事をとりながらサプリメントを与えたい。
 ・リンパ腫の再発を予防して余命をのばしたい。
 ・愛猫の免疫力を高めて治療薬の副作用を抑えたい。
 ・体力をつけて末期の症状を少しでも良くしたい。
  など、様々な理由で与えて頂いています。
  猫のリンパ腫に免疫サポートサプリメント「アガペットゴールド」

  

猫のリンパ腫でサプリメントを与えた時の経過報告
12歳 3.9kg
悪性のリンパ腫で抗がん剤との併用ですが、アガペットを与えてからご飯を食べるようになり太ってきています。

17歳 3s
高齢で手術や強いお薬などもできず、もうどうしようもないが、与えてから調子が良さそうです。

16歳 4s
いつもは寒くなると暖房の前で陣取ってずっと寝ていましたが、秋ごろから与えて今年は、
若いころのように元気に動き回っています。びっくりしています。おかげさまで調子も良いようです。

15歳 4.7kg
与えてから2ヶ月経ちました。以前は、絶対に自分からご飯を食べることはありませんでしたが、
ご飯を食べるようになってきました。少しでも長生きしてほしいので続けていきたいと思っています。

その他 サプリメント飲用実績やお声・経過報告はこちら
 
information
ペット用サプリメント
アガペットゴールドについては
お気軽にご連絡ください

ハイライフジャパン お客様係
TEL.
0120-35-4909
受付9:00〜18:00 土日祝除く
FAX.0120-35-4922

 









 

猫のリンパ腫のトップへ

猫のリンパ腫のトップへ