病気の症状や原因を参考として調べる

ご注文・お問合せお待ちしております
TEL. 0120-35-4909
受付 平日AM9:00 〜 PM18:00

健康管理の為に参考としてお役立てください

気になる症状がある場合は、必ず早めに診察してもらいましょう。

 

猫の皮膚の異常、痒がる、掻く

猫の体にノミやダニなどの寄生虫やカビが付着していたり、猫が高齢になり皮膚が乾燥している、免疫系の病気にかかっているなどが原因となって猫は痒みを生じて掻きだします。掻いても痒みは消えずにますます痒みが強くなります。夏が近づいて気温が上がるとノミが寄生しやすくなり、ノミが猫の血を吸うとノミの唾液に含まれる物質により発疹が生じて(アレルギー性皮膚炎)非常に強い痒みがおこります。ダニが寄生するとフケや痒みが生じて猫はしょちゅう体を掻くようになります。猫は痒みのために睡眠不足になったり強いストレスを抱える事になります。高齢の猫が皮膚が乾燥して痒くなる場合は、食べ物に関係している事が多くある為食事を変えたりする事でよくなる事があります。又原因がわからずに猫がひどく痒がっている時は免疫系の異常をひきおこす内臓疾患の可能性があると言われます。主に掻く・痒がる理由となる原因を特定し排除する事が大切です。皮膚病の場合は特に慢性化しやすい為、皮膚の正常な状態を保つ事に重要な役割である免疫細胞を正常に働くようにしなけれなければいけません。


痒がる・掻く原因と病気 (参考)

・寄生虫性皮膚病・疥癬・皮膚の乾燥・免疫系の異常・尾腺炎・肉芽腫・食事性アレルギーなど


 

健康管理の参考としてお役立てください。
気になる様子がある場合は、早めに専門医への相談をお勧めします。

 

   

 

ページトップに戻る