1. HOME
  2. 猫の病気と健康
  3. 猫の症状検索
犬や猫 動物用サプリメントは安心・安全の品質

症状:猫の症状と部位別の健康チェック

前のページへ戻る

犬猫の動物用サプリメント>猫の症状や健康チェック

症状別

高齢猫や若い猫、子猫でも普段と違う変化が生じたら、何らかの病気の兆候かも
しれません。特に下痢や便秘・咳・嘔吐などは、人間でも時々起こる症状なので
見過ごしがちになりますが、猫では重い病気の症状としてあらわれている事もあるので
注意が必要です。猫はどれほど辛いのか痛いのかなど言葉で伝える事ができない為、
飼い主様が普段から話しかけたりスキンシップ(全身を触るなど)を行っていれば、ペットが
病気にかかった時や怪我をした時は、直ぐに気付き対策をとる事ができます。
参考としてお役立てください。気になる症状がある場合は、早めに動物病院へ受診しましょう。

元気がない 嘔吐・吐く 血便や便秘をする
下痢や血便が出る 目ヤニや涙が出る 耳が臭い・臭う
尿が多い・血尿が出る 膿の鼻水やくしゃみが出る 咳が出る呼吸が荒い
口内炎や口臭・よだれが出る 震えや痙攣がある 水を飲む量が多い
口や鼻・皮膚の出血がある 痩せる 体重減少 脱毛する・毛が抜ける
皮膚を掻く・痒がる ふらつく・よろける  


部位別

猫が病気かどうか?体調が悪いかどうか飼い主様が早く気付くには、普段から
健康時の猫をよく知る必要があります。猫にもそれぞれの個性がある為、体の状態
(毛並みや便・尿・鼻や目の状態など)だけでなく、癖や性格等も把握しておきましょう。




健康な耳は内側の皮膚が健康そうなピンクで適度に湿っています。
耳の中が湿っている、黒っぽい耳垢がある、猫が耳を何度も引っ掻く、
頭を振ったり傾ける、片側の耳を寝かせるなどは異常の印です。
普段から時々耳の中をガーゼや脱脂綿でそっとふいて清潔を
保ちましょう。綿棒で耳の中をつついてはいけません。

目と鼻

健康な猫の目はいつも澄んで輝き、涙や目ヤニは出ていません。
涙や目ヤニが出ていたり、瞬膜が広がっていたら何らかの異常の
印です。瞼が炎症をおこして赤い、眼の色が変わっている、光を眩し
がる等も異常の兆候です。
健康な猫の鼻は柔らかく、さわると湿っています。鼻が乾いていたり
ひび割れていたら異常があります。たえず鼻水が出るようなら
ウィルス感染症の危険もあります。

口と歯

健康な猫の口の中は赤っぽいピンクで歯は真っ白です。息が臭う、
よだれが出ている、歯茎が炎症をおこして赤い、歯がグラグラしたり
抜けているなどは全て病気の兆候です。食欲が低下したり食べ物を
食べにくそうな場合も何らかの病気のあらわれです。

被毛と皮膚

皮膚に引っ掻き傷、化膿、ノミやダニの寄生、ひどいフケがないか
チェックします。猫が皮膚をしきりに舐めたり噛んでいたら痒みか
痛みの為です。健康な毛は弾力があり、ふんわりしています。
被毛が汚れている、固まっている、脱毛が酷い、毛を舐め続ける等
は健康状態に問題があります。

尿と便

尿と便は健康状態がすぐに反映されます。尿の色が濃い、血尿が
出る、量や回数が多い、なかなか排尿できない等は病気の兆候です。
便の異常も同じ様に病気のサインです。便中に寄生虫がいないか、
色はどうか、硬さはどうかも注意が必要です。体内に寄生虫がいると
便に混じって出る、下痢が続く、肛門の周りに白い糸くず、あるいは
白いタネのようなものが付着している等の症状が見られます。
猫は肛門の周りをつねに気にします。若くて健康なときは肛門は
清潔に保たれていますが、下痢や便秘をしたり高齢になると汚れて
いる事があります。

脳・神経

ひきつけ・痙攣をおこしたり、よろよろと歩いたり、よだれが出たり
する時は脳に異常がある兆候です。脊髄の神経に異常があると
猫は手足が麻痺し、ときに全身麻痺になったりします。
また酷く痒がり皮膚を引っ掻く事もあります。

心臓・血液

心臓や血液に異常があると猫は苦しそうに呼吸したり、元気が
なくなって動きたがらない、動くと咳が出る等の症状を見せます。
病気が重くなると歯ぐきが紫色になる、気を失って倒れる等深刻な
状態になります。

消化器

何度も吐く、下痢が続く、食欲が低下する、吐いたものや便に血が
混じるなどの症状は消化器系の病気が疑われます。子猫のお腹に
寄生虫がいるときもこれらの症状があらわれる事があります。

生殖器

オス猫:尿が出にくいのは結石等の病気が考えられ、血尿や尿色が
異常に濃い場合は泌尿器の深刻な病気の場合があります。睾丸が
腫れている、生殖器をしきりに舐める、たびたび水を飲んで排尿する
なども重い病気の可能性があります。
メス猫:膣から出血、膿が出ている、乳腺が腫れている等は重い
病気の兆候です。生殖器をしきりに舐めたり排尿に異常がある
場合も病気の可能性があります。

呼吸

呼吸器の病気になると苦しそうに呼吸する、繰り返し咳をする、
くしゃみが止まらない、涙や鼻汁が出る、熱がでるなどの兆候が
あります。

筋肉・骨格・関節

足を引きずる、軽快に立ったり歩いたりできない、ジャンプしない、
障害のある部分が腫れる、触ると嫌がる等の症状はなんらかの
異常がおこっている場合があります。



気になる症状がある場合は、早めに動物病院へ受診しましょう。 
information
ペット用サプリメント
アガペットゴールドについては
お気軽にご連絡ください

ハイライフジャパン お客様係
TEL.
0120-35-4909
受付9:00〜18:00 土日祝除く
FAX.0120-35-4922