1. HOME
  2. 犬の病気一覧
  3. 犬の肝臓病
犬や猫 動物用サプリメントは安心・安全の品質

犬の肝臓病とは

肝臓は非常に重要な器官で肝臓病とは、病原菌への感染や中毒によって肝臓の機能が低下し、
全身に障害が現れる病気です。肝臓の働きはタンパク質の生産、血糖値の調節、血液凝固の調節、
代謝、ビタミン生産や蓄積、消化のために胆汁の生産、有害物質の排除などです。
適切な診断と治療を行わなければ、犬の体内の毒素の蓄積のため、肝細胞が死亡し、
肝臓は硬く、ゴムのようになってしまい、「肝硬変」になり、肝臓機能を失います。肝細胞の
約80%が死亡した場合、肝不全が発生し始めます。肝臓は非常に多くの機能を実行するので、
犬が肝臓病になれば、犬の健康自体に大きな悪影響を与え、肝臓病時には栄養的な
長期管理が重要になります。

犬の肝臓病の症状
犬の肝臓病の原因
犬の肝臓病とサプリメント


犬の肝臓病の症状

犬の肝臓病の早期症状は特徴がなく、症状としては食欲不振、抑うつ、成長不良、
消化器障害、黄疸、腹水、多飲多尿、出血傾向、神経機能障害、体重減少、慢性嘔吐
、下痢 (嘔吐は下痢よりも一般的)、軟便、大量の水を飲む、頻尿などです。
犬が肝不全になると、黄疸(皮膚と目の白い部分の黄変)や意識識障害、よだれ、
けいれんや昏睡状態、腹水、出血(犬の尿、便、または吐物)がみられる。

犬の肝臓病の原因

肝臓は多くの化学物質や毒素を代謝するので、常にたくさんの化学物質や毒素に
さらされていたら、肝臓に大きな負担をかけます。 ノミ撃退製品、除草剤・殺虫剤、
過量な鉛などがあげられます。 薬の長期や過度の使用(コルチコステロイド、抗生物質、
抗真菌薬、駆虫薬、利尿薬、非ステロイド性抗炎症薬、抗てんかん薬(抗けいれん薬)など。
その他の原因として、ウイルスや細菌感染症、事故による怪我、先天性疾患、貧血、
クッシング症候群、 フィラリア、心臓病、膵炎、肝臓癌など。

犬の肝臓病とサプリメント

液体サプリだから吸収力が違います

 ・肝臓に良い食事をとりながらサプリメントを与えたい。
 ・肝臓病の現状を維持して余命をのばしたい。
 ・愛犬の免疫力を高めて治療薬の副作用を抑えたい。
 ・体力をつけて末期の症状を少しでも良くしたい。
  など、様々な理由で与えて頂いています。
  犬の肝臓病に免疫サポートサプリメント「アガペットゴールド」

  

犬の肝臓病や腹水・腹膜炎でサプリメントを与えた時の経過報告
13歳 11s
腹水が溜まって2日1回の点滴と病院で腹水を抜いてもらっていましたが、
少しずつ点滴や腹水を抜いてもらう日が伸びて、ここ3週間は行かずにすんでいます。
血液検査が正常値に近くなってきたのですが、まだまだ油断はできませんので、
食事管理とアガペットゴールドとお薬で頑張りたいです。

11歳 7s
嘔吐の回数は減りましたがまだ食欲にはムラがあり、しんどそうな日と調子が良い日とあるので
一定の調子を保てるようになってほしいです。先生は嘔吐が減っただけでもすごく調子があがって
いると言ってくれたのでうれしいです。このまま頑張ります。

4歳 33s
肛門嚢炎に頻繁になって血便が治まりました。薬と併用しながらですが、排便時のいきみもなくなって
元気が出てきました。また繰り返すかもわかりませんので肛門を清潔にしてあげて様子をみます。

その他 サプリメント飲用実績やお声・経過報告はこちら
 
information
ペット用サプリメント
アガペットゴールドについては
お気軽にご連絡ください

ハイライフジャパン お客様係
TEL.
0120-35-4909
受付9:00〜18:00 土日祝除く
FAX.0120-35-4922

 









 

犬の肝臓病のトップへ

犬の肝臓病のトップへ