1. HOME
  2. 犬の病気一覧
  3. 犬の腹膜炎や腹水
犬や猫 動物用サプリメントは安心・安全の品質

犬の腹膜炎や腹水とは

犬の腹水は正確には腹腔内に貯留した液体を腹水と言い、
多量の腹水が貯留した状態を腹水症と言います。
腹膜炎は、腹腔内に生じた炎症で、色々な腹部障害の合併症や
抵抗力や免疫機能の低下により炎症が生じます。
犬の腹膜炎や腹水の症状
犬の腹膜炎や腹水の原因
犬の腹膜炎や腹水とサプリメント


犬の腹膜炎や腹水の症状

犬の腹水の症状は血管内液と血管外液のバランスは膠質浸透圧、静脈圧、
リンパ管圧、血管透過性により維持されており、腹腔内に大量の液体が貯留します。
腹水が溜まると食欲不振や嘔吐・動くのが苦しいなどの症状がみられます。
犬の腹膜炎の症状は充血・浮腫が見られます。、腹膜の広い範囲の炎症や腹膜に重度の
炎症が起きると、多量の腹水が出て、循環血液量が低下し犬はショックを起こすことがあります。

犬の腹膜炎や腹水の原因

腹水は様々な病気の二次的な症状として表れることが多く、肝臓病や腎臓病、
腹膜炎・肝うっ血による肝リンパ液の増加リンパ管の閉塞・腎血流量の減少
・抗利尿ホルモン過剰分泌などがあります。
腹膜炎の原因は、消化管など腹腔内臓器の破裂・腹部手術後の合併症・外傷
・隣接臓器の炎症の影響(胆汁・胃液・膵液など刺激物質や細菌の
侵入)が挙げられています。

犬の腹膜炎や腹水とサプリメント

犬の腹膜炎に犬のサプリメントアガペットゴールドをぜひお試しください。
腹膜炎の治療中のお薬にプラスして与えたり、何かしてあげたいと思う時に
安心して与えて頂けるサプリです。犬の体の免疫細胞は、臓器の働きを
活性化し、免疫系にとても役立っていますが、各免疫細胞の血球の働きが
悪くなったり過剰すぎると、犬は病気を発症します。体内の免疫力のバランスを
整えるためにお勧めしています。
液体サプリだから吸収力が違います

 ・腹膜炎や腹水に良い食事をとりながらサプリメントを与えたい。
 ・腹膜炎の現状を維持して余命をのばしたい。
 ・愛犬の免疫力を高めて治療薬の副作用を抑えたい。
 ・体力をつけて末期の症状を少しでも良くしたい。
  など、様々な理由で与えて頂いています。
  犬の腹膜炎や腹水に免疫サポートサプリメント「アガペットゴールド」

  

犬の腹水・腹膜炎・肛門嚢炎でサプリメントを与えた時の経過報告
13歳 11s
腹水が溜まって2日1回の点滴と病院で腹水を抜いてもらっていましたが、
少しずつ点滴や腹水を抜いてもらう日が伸びて、ここ3週間は行かずにすんでいます。
血液検査が正常値に近くなってきたのですが、まだまだ油断はできませんので、
食事管理とアガペットゴールドとお薬で頑張りたいです。

11歳 7s
嘔吐の回数は減りましたがまだ食欲にはムラがあり、しんどそうな日と調子が良い日とあるので
一定の調子を保てるようになってほしいです。先生は嘔吐が減っただけでもすごく調子があがって
いると言ってくれたのでうれしいです。このまま頑張ります。

4歳 33s
肛門嚢炎に頻繁になって血便が治まりました。薬と併用しながらですが、排便時のいきみもなくなって
元気が出てきました。また繰り返すかもわかりませんので肛門を清潔にしてあげて様子をみます。

その他 サプリメント飲用実績やお声・経過報告はこちら
 
information
ペット用サプリメント
アガペットゴールドについては
お気軽にご連絡ください

ハイライフジャパン お客様係
TEL.
0120-35-4909
受付9:00〜18:00 土日祝除く
FAX.0120-35-4922

 









 

犬の腹膜炎や腹水のトップへ

犬の腹膜炎や腹水のトップへ