1. HOME
  2. 犬の病気一覧
  3. 犬の僧帽弁閉鎖不全症
犬や猫 動物用サプリメントは安心・安全の品質

犬の僧帽弁閉鎖不全症とは

僧帽弁閉鎖不全症は心臓の僧帽弁(そうぼうべん)が閉じなくなり血液が
逆流する心臓病です。僧帽弁は心臓の左心房と左心室の間にある弁で僧がかぶる帽子に
形が似ている事でこう呼ばれています。通常はこの弁が閉じたり
開いたりする事で血流が逆流するのを防いでいます。
この弁が変形し血液がスムーズに流れなくなる状態を言います。
一般的には高齢犬での発症が多いですが5〜6歳ですでに発症していることもあります。

犬の僧帽弁閉鎖不全症の症状
犬の僧帽弁閉鎖不全症の原因
犬の僧帽弁閉鎖不全症とサプリメント


犬の僧帽弁閉鎖不全症の症状

血液が逆流すると全身に送られる血液の量が減る為に、少しの運動でも
息切れを起こします。僧帽弁閉鎖不全症が続くと肺水腫を起こすようになり
夜間から朝にかけてぜーぜーという苦しそうな咳をします。
重症になると安静を保っていても息苦しそうにしています。

犬の僧帽弁閉鎖不全症の原因

僧帽弁が徐々に変形して厚くなったり僧帽弁と心臓の壁をつなぐ組織が
切れたりして弁が閉じなくなり血液が逆流します。

犬の僧帽弁閉鎖不全症とサプリメント

犬の僧帽弁閉鎖症に犬のサプリメントアガペットゴールドをぜひお試しください。
僧帽弁閉鎖症の治療中のお薬にプラスして与えたり、何かしてあげたいと思う時に
安心して与えて頂けるサプリです。犬の体の免疫細胞は、臓器の働きを
活性化し、免疫系にとても役立っていますが、各免疫細胞の血球の働きが
悪くなったり過剰すぎると、犬は病気を発症します。体内の免疫力のバランスを
整えるためにお勧めしています。
液体サプリだから吸収力が違います

 ・僧帽弁閉鎖症に良い食事をとりながらサプリメントを与えたい。
 ・僧帽弁閉鎖症の現状を維持して余命をのばしたい。
 ・愛犬の免疫力を高めて治療薬の副作用を抑えたい。
 ・体力をつけて末期の症状を少しでも良くしたい。
  など、様々な理由で与えて頂いています。
  犬の僧帽弁閉鎖不全症に免疫サポートサプリ「アガペットゴールド」

  

犬の貧血・血液疾患でサプリメントを与えた時の経過報告

13歳 10kg
突然、全く食欲、元気がなくなり通院しても良くなりませんでした。藁にもすがる思いで、
アガペットをあたえたところ元気になりました。大変感謝しております。

6歳 4.5kg
3ヶ月で血液検査が正常値になりました。食欲や元気もありますので、体調もとても良いです。
一時期はどうなる事かと思いましたが、しっかりと血液を産生できているのではないかと思います。

9歳 8s
1本目がもう少しでなくなります。自己免疫介在性溶血性貧血の為、食欲低下や怠惰感が
見られていましたが、フラフラと歩く事が少なくなり、ご飯の量も少しずつ増えていきます。
嫌がって食べないので、工夫しながら何とか与えています。

その他 サプリメント飲用実績やお声・経過報告はこちら
 
information
ペット用サプリメント
アガペットゴールドについては
お気軽にご連絡ください

ハイライフジャパン お客様係
TEL.
0120-35-4909
受付9:00〜18:00 土日祝除く
FAX.0120-35-4922

 









 

※1 別名
 自己免疫性貧血
 免疫介在性溶血性貧血など

犬の僧帽弁閉鎖不全症のトップへ

犬の僧帽弁閉鎖不全症のトップへ