1. HOME
  2. 犬の病気一覧
  3. 犬の糖尿病
犬や猫 動物用サプリメントは安心・安全の品質

犬の糖尿病とは

糖尿病は膵臓から分泌されるインスリンというホルモンが不足するか、インスリンの
作用が損なわれる事により起こる代謝性疾患です。インスリンは、犬の体全体に
働いて体の細胞が糖を吸収したり、肝臓が脂肪やたんぱく質を蓄えるのを助けます。
様々な原因によってインスリンが不足すると細胞は糖を吸収しにくくなり体に不調が
あらわれます。犬の糖尿病は約200頭に1頭の割合で、その内大部分は6歳以上
の犬です。若い犬はオスとメスの糖尿病発症率はほぼ同じで、老犬になるとメスの
方が多く糖尿病発症しています。犬種別では小型犬でダックスフンド・プードル・テリアで
大型犬ではゴールデンレトリバー・ジャーマンシェパード等に多いようです。

犬の糖尿病の症状
犬の糖尿病の種類
犬の糖尿病とサプリメント


犬の糖尿病の症状

糖尿病は飲水の増加・多尿・食欲旺盛なのに体重減少・肥満・倦怠感が糖尿病の
おもな症状です。糖尿病の恐ろしい事は合併症が起こる場合がある事です。
神経症・腎症・網膜症・白内障の他に動脈硬化・心臓疾患・尿路障害等が
挙げられています。

犬の糖尿病の種類

糖尿病の原因により大きく2つに分かれます。
インスリン依存性糖尿病
何らかの原因によって膵臓からインスリンが分泌されないことにより糖尿病になります。

インスリン非依存性糖尿病
膵臓からインスリンは分泌されていてもすい臓以外の原因(副腎皮質機能亢進症や
甲状腺機能低下症・発情に関連したホルモン分泌バランス・感染症や他のストレス
・肥満など)によってインスリンの働きが邪魔されたり、働きが鈍くなったりする事で
糖尿病の症状が出る事を言います。この期間を長く放置していると依存性の糖尿病に
発展します。又、生まれつき膵臓の働きが弱い場合を除くと、飼い主の生活習慣
(食物の内容・量・運動量)が犬を糖尿病へと導いているケースが多い様です。
又遺伝的な体質や肥満、妊娠、膵臓病、神経系の失調、薬物等によっても
起こると言われます。又老犬のメスが糖尿病になるのは発情期の後期(黄体期)で、
この時期には黄体ホルモンが最も多く分泌されるのでこの黄体ホルモンとの
関係も示唆されています。

犬の糖尿病とサプリメント

犬の糖尿病に犬のサプリメントアガペットゴールドをぜひお試しください。
糖尿病の治療中のお薬にプラスして与えたり、何かしてあげたいと思う時に
安心して与えて頂けるサプリです。犬の体の免疫細胞は、臓器の働きを
活性化し、菌やウィルスなどから体を守る免疫系にとても役立っていますが、
各免疫細胞の血球の働きが悪くなったり過剰すぎると、犬は病気を発症します。
体内の免疫力のバランスを整えるためにお勧めしています。
液体サプリだから吸収力が違います

 ・体に良い食事をとりながらサプリメントを与えたい。
 ・糖尿病の悪化や神経障害を予防したい。
 ・愛犬の免疫力を高めて治療薬の副作用を抑えたい。
 ・体力をつけて体質改善し少しでも良くしたい。
  など、様々な理由で与えて頂いています。
  犬の糖尿病に免疫サポートサプリメント「アガペットゴールド」

  

犬のホルモン異常でサプリメントを与えた時の経過報告
7歳 5s
クッシング症候群で毛が脱毛しています。もう何年も脱毛していたので諦めていましたが
試しに与えてみようと思い始めましたが、脱毛の部分も少しボツボツ毛が生えてきました。

10歳 8s
少しずつ食べるようになってきました。元気があって興奮している日と元気がない日と
繰り返していましたが、最近は平均して落ち着いていると思います。

5歳 25s
血液検査の結果が前回より良くなりました。糖尿病は治らないと思うのですが
症状を抑えて良い状態が維持できるようにケアしていきたいです。
この子にはこのサプリがあっていると思うので続けていきたいです。

その他 サプリメント飲用実績やお声・経過報告はこちら
 
information
ペット用サプリメント
アガペットゴールドについては
お気軽にご連絡ください

ハイライフジャパン お客様係
TEL.
0120-35-4909
受付9:00〜18:00 土日祝除く
FAX.0120-35-4922

 









 

犬の糖尿病のトップへ

犬の糖尿病のトップへ