1. HOME
  2. 犬の病気一覧
  3. 犬の子宮蓄膿症
犬や猫 動物用サプリメントは安心・安全の品質

犬の子宮蓄膿症とは

雌で多い成人病に子宮蓄膿症があります。子宮の中に膿がたまる病気です。
子供を産んでいないのに胸が張る想像妊娠を繰り返していたり、
肥満気味の犬は特に子宮蓄膿症が多いようです。

犬の子宮蓄膿症の症状
犬の子宮蓄膿症の原因
犬の子宮蓄膿症とサプリメント


犬の子宮蓄膿症の症状

子宮蓄膿症の犬は初め何となく元気がなかったり、食欲が減るという
症状から始まり、多飲多尿・嘔吐・下痢・外陰部を舐める・嫌な臭いが
するといった症状が見られます。

犬の子宮蓄膿症の原因

発情期になると子宮頚管が開き子宮に細菌が侵入しやすくなります。
肛門や外陰部から大腸菌やブドウ球菌等の細菌が侵入し発症します。
またおすわりの姿勢をする時に肛門周囲の雑菌が膣につくことも原因として
挙げられています。子宮にはもともと細菌感染しても免疫作用が働いて
炎症を食い止める仕組みがありますがホルモンバランスが崩れている時や、
体力低下時、免疫力低下時はこの作用が弱くなっている為細菌に
感染しやすく、さらに繁殖しやすくなります。子宮蓄膿症は特に生理後に
起こりやすいと言われています。発情期の子宮粘膜は精液を子宮の奥へ
運ぼうとする働きがあるために細菌も一緒に子宮の奥へと運ばれていきます。
そして、発情期が終わると子宮頚管は閉じてしまう為、入り込んだままの
細菌が増殖し膿が溜まる様になります。子宮蓄膿症の治療や予後は、
腎不全、肝不全、心不全などの合併症がない限り、手術によって
治癒率は高いと言われますが、まれに術後ショックを起こし、
急性腎不全、急性肺水腫になることもあるようです。

犬の子宮蓄膿症とサプリメント

犬の子宮蓄膿症に犬のサプリメントアガペットゴールドをぜひお試しください。
子宮蓄膿症の治療中のお薬にプラスして与えたり、何かしてあげたいと思う時に
安心して与えて頂けるサプリです。犬の体の免疫細胞は、臓器の働きを
活性化し、免疫系にとても役立っていますが、各免疫細胞の血球の働きが
悪くなったり過剰すぎると、犬は病気を発症します。体内の免疫力のバランスを
整えるためにお勧めしています。
液体サプリだから吸収力が違います

 ・子宮蓄膿症に良い食事をとりながらサプリメントを与えたい。
 ・子宮蓄膿症の現状を維持して余命をのばしたい。
 ・愛犬の免疫力を高めて治療薬の副作用を抑えたい。
 ・体力をつけて末期の症状を少しでも良くしたい。
  など、様々な理由で与えて頂いています。
  犬の子宮蓄膿症に免疫サポートサプリメント「アガペットゴールド」

  

犬の子宮蓄膿症でサプリメントを与えた時の経過報告
8歳 28s
食欲不振で元気がないのですが、与え始めてから食欲が増えてきました。
夏は特に体力が低下するようでしたが、今年は外出も増えました。
体重も増えて毛が艶々になった感じがします。

14歳 12s
術後の経過は良好です。免疫力を高めてあげる為に頑張って与えます。

7歳 32s
子宮蓄膿症のせいか腎臓病のせいかわかりませんが、吐き気が減りました。
何とかこのまま良い方向へ向かってくれればと思っています。血液検査が来週あるので
検査結果も良くなっているといいのですがまた報告します。

その他 サプリメント飲用実績やお声・経過報告はこちら
 
information
ペット用サプリメント
アガペットゴールドについては
お気軽にご連絡ください

ハイライフジャパン お客様係
TEL.
0120-35-4909
受付9:00〜18:00 土日祝除く
FAX.0120-35-4922

 









 

犬の子宮蓄膿症のトップへ

犬の子宮蓄膿症のトップへ