1. HOME
  2. 犬の病気一覧
  3. ガン 犬の乳がん・乳腺腫瘍
犬や猫 動物用サプリメントは安心・安全の品質

犬の乳がん・乳腺腫瘍とは

乳腺腫瘍は雌犬の腫瘍の中で一番発生する確率の高い腫瘍です。
この乳腺腫瘍には良性・悪性があり、悪性の腫瘍を乳癌と言います。
発生頻度は良性・悪性それぞれの半々くらいです。しかし、良性腫瘍でも、
悪性に変化することもありますので注意が必要です。妊娠経験の
有無にかかわらず10歳〜11歳のメス多く見られ、ごくまれにオスにも
発症する事があるようです。犬の乳腺は左右に5対あり、(4対もある)
それぞれがつながっている為、乳腺腫瘍の治療は1箇所の乳腺に癌が
できても周りの健康な組織も含めて乳腺ごと取り除く様です。


犬の乳がん・乳腺腫瘍の症状
犬の乳がん・乳腺腫瘍の原因
犬の乳がん・乳腺腫瘍の種類
犬の乳がん・乳腺腫瘍とサプリメント


犬の乳がん・乳腺腫瘍の症状

乳腺部のしこりや大きな固まりが見られたり、皮膚の炎症のようにみえるというのが
代表的な乳腺腫瘍の症状です。乳腺腫瘍が出来ても元気があったり
食欲があったりあまり変化がないので見逃す事が多いようです。乳癌(ガン)の場合は、
しこりは急に大きくなり1〜2ヶ月で2倍程の大きさにまで増殖します。

犬の乳がん・乳腺腫瘍の原因

エストロゲンという卵巣から出るホルモンとの関係が示唆され、加齢・紫外線
・放射線・化学的発癌物質・ウィルス・遺伝性・免疫不全等挙げられています。

犬の乳がん・乳腺腫瘍の種類

乳腺腫瘍 ステージ

ステージ T
乳腺腫瘍が1cm、リンパ節転移なし
ステージ U
乳腺腫瘍 が 1cmかつリンパ節転移あり、又は腫瘍 1 〜 3 cmと リンパ節転移の有無
ステージ V
乳腺腫瘍が3cm 又は、腫瘍 3cmとリンパ節転移がある
ステージ W
その他の臓器やリンパに乳腺腫瘍による遠隔転移があり
あくまで参考です。他臨床症状によっても分けられます。
臨床症状とは元気消失、食欲不振、嘔吐、下痢などの
目に見える様々な症状のこと。

犬の乳がんとサプリメント

犬の乳がん・乳腺腫瘍に犬のサプリメントアガペットゴールドをぜひお試しください。
乳がん・乳腺腫瘍の治療中のお薬にプラスして与えたり、何かしてあげたいと思う時に
安心して与えて頂けるサプリです。体の免疫細胞は、ガン細胞を無害化したり、
犬の体の免疫系にとても役立っていますが、各免疫細胞の血球の働きが
悪くなったり過剰すぎると、犬は病気を発症します。体内の免疫力のバランスを
整えるためにお勧めしています。
液体サプリだから吸収力が違います

 ・乳腺腫瘍に良い食事をとりながらサプリメントを与えたい。
 ・乳がん・乳腺腫瘍の再発を予防して余命をのばしたい。
 ・愛犬の免疫力を高めて治療薬の副作用を抑えたい。
 ・体力をつけて乳がん・乳腺腫瘍末期の症状を少しでも良くしたい。
  など、様々な理由で与えて頂いています。
  犬の乳腺腫瘍に免疫サポートサプリメント「アガペットゴールド」

  

犬の乳腺腫瘍・乳がんでサプリメントを与えた時の経過報告

8歳 15s
利用して半年くらいになりますが、おかげさまで乳腺の腫瘍が小さくなってきました。
病院での診察も良くなっているとのことでした。このまま続けて使用させていただきます。

9歳 7.5s
飲用を始めてから半年ぶりにレントゲンを撮ったら肺への転移はありませんでした。
乳腺癌の転移が怖くてレントゲン検査をしばらく出来なかったのですが確認して良かったです。

15歳 19s
お世辞抜きで、体調は良くなってきています。
確実に乳癌の症状の進行が遅くなったような気がします。

その他 サプリメント飲用実績やお声・経過報告はこちら
  
information
ペット用サプリメント
アガペットゴールドについては
お気軽にご連絡ください

ハイライフジャパン お客様係
TEL.
0120-35-4909
受付9:00〜18:00 土日祝除く
FAX.0120-35-4922

 









 

(※1)腺腫・脂肪腫・上皮腫
(※2)腎臓癌・肝臓癌・脾臓癌など

犬の乳がん・乳腺腫瘍のトップへ

犬の乳がん・乳腺腫瘍のトップへ