1. HOME
  2. 犬の病気一覧
  3. ガン 犬の血管肉腫
犬や猫 動物用サプリメントは安心・安全の品質

犬の血管肉腫とは

血管肉腫は血管の内皮細胞より発生する悪性腫瘍で悪性血管内皮腫とも
言われます。血管肉腫の腫瘍の好発部位は内臓(脾臓・心臓等)と皮下組織と
言われていますが、血管が存在する全身の組織(骨・中枢神経・鼻腔・口腔・膀胱等)
にも発生します。脾臓に血管肉腫ができる事があります。
血管肉腫の性別差では雄犬に多く血管に肉腫が見られます。短毛で皮膚組織のない
犬種の腹側腹部や脾臓・陰嚢の皮膚に高頻度にも血管肉腫は発生するようです。
ダルメシアン・ビーグルなどは血管肉腫の皮膚発生リスクが高いと言われています。

犬の血管肉腫の症状
犬の血管肉腫の原因
犬の血管肉腫の種類
犬の血管肉腫とサプリメント


犬の血管肉腫の症状

血管肉腫の転移は急速で血行を介して肺・肝臓・心臓・大網膜・筋肉・脳などへ
癌が転移します。血管肉腫の発症部位により症状は異なりますが、咳・呼吸困難や
食欲不振等があります。

犬の血管肉腫の原因

皮膚及び皮下組織にみられる血管肉腫は、その発生原因として長期間又は、
強い太陽光線・紫外線を浴びる事等が挙げられています。他、脾臓や各臓器などに
できる血管肉腫は加齢・放射線・化学的発癌物質・ホルモン・ウィルス・遺伝性
・免疫不全等が挙げられています。

犬の血管肉腫の種類

犬の血管肉腫の発生個所の種類は、犬の口内や口腔、鼻腔に血管肉腫ができたり、
皮膚や脾臓にできることもあります。

犬の血管肉腫とサプリメント

犬の血管肉腫に犬のサプリメントアガペットゴールドをぜひお試しください。
血管肉腫の治療中のお薬にプラスして与えたり、何かしてあげたいと思う時に
安心して与えて頂けるサプリです。体の免疫細胞は、ガン細胞を無害化したり、
犬の体の免疫系にとても役立っていますが、各免疫細胞の血球の働きが
悪くなったり過剰すぎると、犬は病気を発症します。体内の免疫力のバランスを
整えるためにお勧めしています。
液体サプリだから吸収力が違います

 ・血管肉腫に良い食事をとりながらサプリメントを与えたい。
 ・血管肉腫の再発を予防して余命をのばしたい。
 ・愛犬の免疫力を高めて治療薬の副作用を抑えたい。
 ・体力をつけて血管肉腫末期の症状を少しでも良くしたい。
  など、様々な理由で与えて頂いています。
  犬の血管肉腫に免疫サポートサプリメント「アガペットゴールド」

  

犬の血管肉腫でサプリメントを与えた時の経過報告
6歳 12kg
血管肉腫を発症して1年以上になりますが、最近ずっと調子が良いです。
また季節も寒くなって体調が心配ですが長生きしています。

12歳 27s
犬の皮膚にできた血管肉腫が小さくなったように感じます。
この子が生きている限り飲ませようと思います。

8歳 7s
血管肉腫が脾臓にでき余命宣告をうけてから3ケ月がたちますが、お薬と併用しながら
アガペットゴールドを与えているせいか辛そうではありません。血液検査もそれほど変わりなく、
症状も落ち着いています。夏には少し体調が悪かったように思いますが、与える量をアドバイス
頂いたように少し増やしたら、良くなりました。ありがとうございます。
涼しくなればまた少しずつ元気になってくれると思います。

その他 サプリメント飲用実績やお声・経過報告はこちら
 
information
ペット用サプリメント
アガペットゴールドについては
お気軽にご連絡ください

ハイライフジャパン お客様係
TEL.
0120-35-4909
受付9:00〜18:00 土日祝除く
FAX.0120-35-4922

 









 

(※1)腺腫・脂肪腫・上皮腫
(※2)腎臓癌・肝臓癌・脾臓癌など

犬の血管肉腫のトップへ

犬の血管肉腫のトップへ