1. HOME
  2. 犬の病気一覧
  3. ガン 犬の良性腫瘍・腺腫・脂肪腫・上皮腫
犬や猫 動物用サプリメントは安心・安全の品質

犬の良性腫瘍(腺腫・脂肪腫・上皮腫)とは

腫瘍は、いわゆる「できもの」のことで、「腫瘍=がん」というわけではありません。
腫瘍の影響が局所に限られていて、個体の生命を脅かす可能性がないものを
良性腫瘍といいます。しかし、生物学的性状としては良性であっても、
発生部位によっては著しい機能障害をもたらし、臨床的には悪性の挙動が目立つ
ような腫瘍もあります(脳腫瘍など)。一方、良性腫瘍は一般的に発育速度が遅く、
転移や再発は原則的にみられません。

犬の良性腫瘍の種類
犬の良性腫瘍とサプリメント


犬の良性腫瘍の種類

腺腫(せんしゅ)
腺腫は、油脂を分泌する皮脂腺から発症するため皮脂腺腫とも呼ばれます。
腺腫はゆっくりと増殖し、大きくなると表面に潰瘍が起こることもあります。
瞼・耳の内部(耳道)・肛門周囲・指の間等によく発症が見られます。
特に瞼に発症した場合は、ものもらいだと思ってもなかなか治りが悪い時は
皮脂線種だったと言う事が多いようです。腺腫はあまり広がらず、表面は
平らで滑らかです。

脂肪腫(しぼうしゅ)
脂肪腫は良性腫瘍で、無痛と言われます。やわらかくて弾力性のある脂肪のかたまり
(楕円形)が皮下にできる事が多く、腫瘍の発育はとても緩やかで数年かかって徐々に
大きくなります。肥満した中齡又は老齢の雌犬の脇腹・胸部・前胸骨部等の皮下脂肪
組織に良く発生する様です。脂肪種は筋肉の間にできることもあり、その場合は歩き方が
おかしくなります。発生平均年齢は8歳でラブラドールレトリーバー・ダックスフント
・コッカ−スパニエル・プードルやテリアなどの小型犬種にも多くみられます。

上皮腫(じょうひしゅ)
犬の皮膚のいたるところに発症し、上皮腫は茎をもつキノコのような形にもりあがります。

犬の良性腫瘍とサプリメント

犬の良性腫瘍に犬のサプリメントアガペットゴールドをぜひお試しください。
良性腫瘍の治療中のお薬にプラスして与えたり、何かしてあげたいと思う時に
安心して与えて頂けるサプリです。体の免疫細胞は、ガン細胞を無害化したり、
犬の体の免疫系にとても役立っていますが、各免疫細胞の血球の働きが
悪くなったり過剰すぎると、犬は病気を発症します。体内の免疫力のバランスを
整えるためにお勧めしています。
液体サプリだから吸収力が違います

 ・良性腫瘍に良い食事をとりながらサプリメントを与えたい。
 ・出来物の再発を予防して体質を変えたい。
 ・愛犬の免疫力を高めて治療薬の副作用を抑えたい。
 ・体力をつけて末期の症状を少しでも良くしたい。
  など、様々な理由で与えて頂いています。
  犬の良性腫瘍に免疫サポートサプリメント「アガペットゴールド」

  

犬の良性腫瘍でサプリメントを与えた時の経過報告
12歳 6s
脂肪腫が頻繁に発生します。良性腫瘍と言う事で聞いているのですが、
良性とは言え出来ない方が良いので、体質改善に与えています。
今で4ケ月位になりますが、皮膚の盛り上がりや、脂肪腫は増えていませんので、
良いのかなぁと思っています。

7歳 15kg
腺腫ができ皮膚に潰瘍ができると痒みがあり、よく掻いていましたが、
ここしばらくは痒みもずいぶん治まっているように思います。

2歳 9kg
こぶのような脂肪の塊ができやすい体質のようですが、与え始めてから減り始めました。
このまま続けていけば体質改善ができるような気持ちです。ありがとうございます。

その他 サプリメント飲用実績やお声・経過報告はこちら
 
information
ペット用サプリメント
アガペットゴールドについては
お気軽にご連絡ください

ハイライフジャパン お客様係
TEL.
0120-35-4909
受付9:00〜18:00 土日祝除く
FAX.0120-35-4922

 









 

(※2)腎臓癌・肝臓癌・脾臓癌など
犬の良性腫瘍のトップへ

犬の良性腫瘍のトップへ