病気の症状や原因を参考として調べる

ご注文・お問合せお待ちしております
TEL. 0120-35-4909
受付 平日AM9:00 〜 PM18:00

健康管理の為に参考としてお役立てください

気になる症状がある場合は、必ず早めに診察してもらいましょう。

 

犬の皮膚の痒みや掻き毟り

犬が一部分をしきりに噛む、舐める、後足でしきりに引っ掻く、時には床や壁に擦りつけるなどの動作をする事があります。次第に、その部分の皮膚が赤くむけ、ただれてしまう事も あります。これは痒みがおさまらない為で、皮膚が炎症をおこしたり赤くむけた場合は、犬はかゆみと痛みを同時に伴い、苦しんでいる症状と思われます。原因としてあげられているのは皮膚に寄生するノミやダニ(毛包虫や疥癬)のような寄生虫の存在です。また湿疹ができて、それをかきむしった為に皮膚がただれ たり脱毛したりして、いっそう悪化していることもあります。ほかにもホコリや花粉を吸い込んでアレルギー性の発疹が出たために痒がる、シャンプーや石鹸が犬の皮膚に合わなかったなども あります。外部の原因だけでなく、腎臓病や肝臓病によって皮膚が過敏になっている事もあります。皮膚病は回復に時間がかかり、家庭で手近な薬を塗った為にかえって悪化させることも少なく ありません。また引っ掻きすぎて皮膚がただれた時は治療が難しくなります。犬がひどくかゆがるようなら早めに獣医師にみてもらい、同時に犬の生活環境から原因を取り除かなければなりません。


痒がる・掻く原因と病気 (参考)

肝臓病腎臓病膿皮症皮膚病・過敏症・シャンプーが合わない・免疫異常


 

健康管理の参考としてお役立てください。
気になる様子がある場合は、早めに専門医への相談をお勧めします。

 

   

 

ページトップに戻る